保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料相談はどんな流れでおこなうの?

公開日:2020/01/15  最終更新日:2019/12/25

保険の新規加入や見直しをしたいときは無料相談のサービスを受けることができますが、実際にどんな流れでおこなわれるのか知りたい人も多いでしょう。ここでは、このサービスが具体的にどんな形や手順でおこなわれるのかということについて紹介します。

面談の回数や日時、そして場所について

生活環境や収入に変化が生じると、それに合わせて保険を見直すことが必要になってきますが、その相談を無料で引き受けてくれるサービスがあります。

このサービスを提供しているのは、お金のプロであるファイナンシャルプランナー(FP)などであり、利用することによって適切なアドバイスをしてもらうことが可能です。普通は自分で保険会社を見つけて加入しますし、その会社から説明を受けるなどして実際に加入するかどうか決めるという場合が多いでしょう。

しかしこのサービスを利用すれば、特定の会社の商品だけでなく幅広い商品の比較検討をおこなってくれますし、なにより無料で相談が受けられるのです。あまりこの分野の知識がない場合は、直接自分で検討したり契約したりするのは難しいこともありますし、不安に思う人も多いでしょう。ですがこのサービスで相談をすれば、この分野にあまり詳しくなくても丁寧な説明やアドバイスを受けることが可能になります。

このサービスがどんな形でおこなわれるのかというと、担当者と直接会って相談を聞いてもらうという面談形式になります。1回当たりの面談時間は90分程度になり、それが2~3回に渡っておこなわれることになるのが一般的です。

そのため、合計すると3時間~4時間半程度という長い時間がかかることになるので、サービスを受ける側もある程度時間を確保しておく必要がありますし、手間もかかるものだと言えます。しかし時間や手間がかかるということは、それだけじっくりと話しを聞いてもらったり説明をしてもらったりできるということでもあると言えるでしょう。

実際にサービスを受ける日時や場所については、訪問型とよばれるタイプの場合は、予約を入れるときに利用者側が都合のよい日時と場所を指定することができます。訪問型のサービスを受ける場合の場所に関しては、自宅まで来てもらうことができるほか、近所にあるカフェや職場近くのお店などを指定することが可能です。

もう1つのショップ型とよばれるタイプは、サービスを提供している業者のオフィスでの面談になるため、利用者はそこまで赴く必要があります。ですので、遠方に住んでいるためにオフィスまでいけないという場合は、自宅まで来てくれる訪問型を選ぶとよいと言えるでしょう。

サービスを受けるときの実際の流れ

保険の無料相談サービスは、予約から最終的な契約の事務手続きまでに主に8つの段階があると言えます。

まず1つ目の段階である予約は、サービスを提供している業者のウェブサイトからおこなうことが可能であり、希望する面談日時などを専用フォームに入力することで申し込むことができます。そして申し込みをすると、業者からメールや電話による連絡があり、相談内容によって担当者が決まることになるでしょう。

2つ目の段階は、実際の面談によるヒアリングであり、ここでじっくりと相談内容を伝えることになります。何を相談したいのかは予約の段階で伝えているのですが、ここではより詳しく伝えることが重要ですし、担当者も親身になって聞いてくれます。より的確なアドバイスを受けるためには、どんなことに悩んでいるのかということを細かく伝えることが必要なので、家計や老後の資産など思い当たることがあれば何でも相談するとよいでしょう。

3つ目の段階では、利用者の理解を助けるために基礎知識の説明が丁寧におこなわれることになります。基本的な知識がないままアドバイスや提案を受けても、利用者側は十分に理解することができません。そのため仕組みなどで分からないことがあれば、この段階でどんどん質問して、しっかりと理解を深めておくことが大切です。

4つ目の段階では、利用者の家計を分析した結果から導かれた、必要となる保障内容や保障期間の測定をおこないます。この保証内容などの測定では、利用者がこれから抱える可能性があるリスクも踏まえたうえで測定をしてもらうことができるでしょう。一般的には1回目の面談で測定してもらえる場合が多いのですが、中には1回目はヒアリングや基礎知識の説明をしっかりして、2回目に結果が提示される場合もあります。

5つ目の段階では、先ほどの保障内容や保証期間の測定結果をもとにした保険設計の作成をおこなうことになります。分かりやすく言えば、この人の条件や希望であれば、この商品が向いているということを提示する段階になるでしょう。この設計の作成と提示は、2回目以降の面談でおこなわれることが多く、向いていると考えられる商品に関する具体的な説明がなされます。もし、現在加入しているものが利用者に合っているという判断がなされた場合は、1回目で面談が終了します。しかし、1回目で提示される場合はシミュレーション程度のものになるケースが多いため、本格的な商品の提案は2回目以降になる場合がほとんどだと言えるでしょう。

6つ目の段階では、現在加入している商品の内容と先ほどの提案内容の比較をしてもらうことができます。そのため、お互いの相違点や、新しく提案した商品のメリットやデメリットなどの説明を受けることができます。

7つ目の段階は最終調整であり、現在加入している商品で継続したほうがいいものがないかということや、新しく提案した商品の細かい検討がおこなわれるでしょう。そして、しっかりとニーズに合っているかや無理なく支払いを続けられるかなどの、バランス面での検討もなされることになります。ですので利用者は、自分が納得いくまで担当者と一緒になって商品の内容を詰めていく必要があるでしょう。

最終的な8つ目の段階は契約の事務手続きであり、新しく契約が決まった場合はその事務手続きをおこなってもらうことができます。その際、利用者は書類に記入するだけで済みますし、それ以外のことはすべて担当者がくれるのでとても便利です。事務手続きは、2回目以降に面談でおこなわれることになり、この手続きが済めば相談は終了となります。さらにそれ以降も、担当者が窓口となって相手方とのやり取りがおこなわれますし、必要があれば相談に応じてもらうこともできます。

利用すると何かに加入しなければならないのか

保険の無料相談サービスを利用すると、何かに加入をしなければならないのではないかという不安を持っている人もいるかもしれません。しかしこのサービスを利用したからといって加入しなければならないという義務はないため、気軽に利用するとよいでしょう。

このサービスの担当者は、あくまでも利用者の相談を受けてサポートをするという立場ですし、最終的に加入するかどうかの判断は利用者自身がおこなうものです。そのため、あとでゆっくり考えたい場合はその場で無理に加入する必要はありませんし、ただ相談に乗ってもらうだけという利用の仕方もできると言えるでしょう。

 

保険の無料相談サービスの面談回数は2~3回であり、訪問型の場合は、日時や場所を予約の段階で自由に指定することができます。サービスの流れは、面談においてはまずヒアリングと基礎知識の説明がおこなわれ、そのあとに保険設計の作成などがなされて、最終的に納得したら加入の事務手続きがおこなわれます。

またこのサービスは、あくまでも相談を受けてサポートをするものなので、利用したからといって無理に何かに加入しなければならないという義務はありません。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら