保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料診断をしたら契約を強要されない?

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/05/20

最近は保険の無料相談がおこなえるような店舗が増えてきており、気軽に相談をすることができるようになっています。しかし、無料で相談をすることができるという仕組みが良くわからないところがありますので、不安を感じているという側面があります。相談をするときに話を聞くだけでも構わないのかなどについて分かりやすく解説いたします。

強要されるということはないと言ってもいい

保険というのは住宅に次いで高い買い物になる可能性があります。20代と40代、60代であれば家族の有無などによりライフステージが異なりますので、それに備えるような形で随時見直しをしていく必要があります。

一生付き合って行かなければいけませんので、1回契約を結べばそれで終わりというわけにはいきません。店舗でおこなう無料相談は勧誘を目的にしたものではないです。

勧誘が目的だということであれば、多少しつこいことがあるかもしれませんが、勧誘をしたところで意味がありませんので、そういう無駄なことはしないと考えていただいて構いません。

安ければいいのかというと、そういうことでもなく、必要な保証を受けることができない可能性があります。必要なリスクに備えていくということが大事になりますので、安売りを売り文句にしたところで意味がなく、利用者のためにならないです。

似たような人たちに、自宅や会社などに来る保険会社の外交員がいますが、この人たちは自社の商品を販売するということが目的になりますので、強引に契約を取ろうという動きがあるかもしれません。ノルマが設定されていますので、どうしても販売しなければいけないという側面があるのは確かです。

しかし、無料相談は複数の会社の商品を取り扱っている中立な立場でおこなわれることになりますので、販売だけを目的にしたものではありません。あくまで分かりにくい商品を説明するという目的でおこなっていますので、外交員とは立場が全然違うと言ってもいいです。

気軽に相談してほしいということで、多くの人が訪れやすい場所に店舗を構えていますので、必要であれば相談をしてみるのがいいでしょう。少なくとも、相談が完了したときにすぐに契約しませんかという形で迫ってくることはまずありません。

そういう風に迫ってくるFPは利用者にとってあまりいい人ではありませんから、こういう人から契約を結ばないほうがいいです。利用者のことについて考えてくれるFPを信用するようにしてください。

提案されることは十分にあり得る

保険の無料相談は別に1社の商品について取り扱っているわけではなく、複数社の商品について取り扱っています。こういう場所では営業をおこなっているというよりは、きちんと保険商品を勧めたいという気持ちが強いです。

利用者のニーズに合わせる形で、きちんと商品を詳しく紹介したいということです。利用者にとっては、どの商品が自分のライフスタイルに合っているのかわからないという人が多いですので、それをきちんと説明してあげるというのが無料相談の目的になります。

こういう相談は、FPと呼ばれる商品に詳しい人たちが対応します。FPはただの販売員ではなく、ファイナンシャルプランナーと呼ばれる専門家です。いろいろと利用者がわからないことがあったとしても、専門家の立場で丁寧に説明をしてくれますので、安心して尋ねてもらっても構いません。

1回ではなかなか理解できないことがあるかもしれませんので、何度でも説明を求めてもいいです。1回しか無料で相談をすることができないということでもありませんので、何度でも来店してもらっても構いません。

利用者にしても見直しがしたいから店舗に訪れていたりしますので、いろいろと話を聞いたうえで、FPの方からある商品の提案を受けるということは十分にあり得ます。強引に推し進めるということではなく、あくまで提案に過ぎませんので、その提案に乗るのかどうかは利用者がしっかりと決めてもらって構いません。

自宅でじっくりと考えるという返答で大丈夫です。最終的にはFPが丁寧に説明をして、利用者がそれに納得するということが重要になります。利用者が納得する形が、今までの契約を継続するという形でもいいでしょうし、FPが提案したものに変更するという形でもいいということです。

今回は別に契約を取れなかったとしても、見直しのチャンスは生きている限りにおいて何度でも来ますので、後に再び相談してもらえればいいということになります。将来の顧客になる可能性がありますので、わざわざ勧誘をして悪い印象を与えるよりははるかにましです。

もし強要されたら本社に連絡しよう

対応してくれたFPと相性が合わないということがあるかもしれません。FPとしては別に強要していないですが、利用者としてはちょっとしつこいと感じることが十分に起こり得ます。

同じFPに対する印象で相性の良し悪しにより、熱心に勧めていると思う人がいる一方で、ちょっとしつこいなと感じる人がいるということです。

利用者にとって相談したい人とそうでない人がいるというのも事実ですので、別のFPと担当者を変えてほしいと希望を出せば、対応してくれる可能性は高いです。ただ、店舗にいるFPも限りがありますので、担当者が少ないのであれば、その希望がかなわない可能性があります。

その場合は、店舗を変えて相談をしてみるのがいいでしょう。無料相談をおこなう店舗では、基本的に契約を強要してはいけないことになっています。多くのFPはそれを守っているわけですが、中には強要してしまうということがあるみたいです。

強要されたら嫌な気持ちになるわけですから、不信感が芽生えてきます。無理に強要してきたということであれば、店舗を運営している会社に通報するといいでしょう。通報した場合は、担当者の変更などに応じてくれるということです。無理やり締結させられたのであれば、それは無効になるということです。

店舗にとってももし強引に勧誘させられたという悪い評判が口コミサイトなどに広まると、そこで相談してもらえなくなりますので、それは経営に影響することになります。

そのため、会社のほうでもしっかりと強引な勧誘がおこなわれないような仕組みを整えていますので、利用者は安心して相談をおこなうといいでしょう。強引な勧誘がおこなわれたときのために、連絡先をあらかじめ知っておいたほうが何かあったときに備えることができます。

 

保険の無料相談は1社だけでなく複数社の商品を取り扱っていますので、比較しながら選ぶことができるというのが魅力的です。必要であれば、専門家に当たるFPに相談をすることで、気になる商品の説明を受けたり、保険の見直しに対応してもらったりすることができます。

FPは販売員ではなく相談に対応してくれる専門家ですので、無理やり商品を売りつけるということはしません。実際に相談をしたときに、ある商品について提案を受けることがあっても、すぐに契約を強要するということもまずありませんので、そこのところは安心してください。

仮に強引な勧誘を受けたのであれば、すぐに担当するFPを変更するような手続きをおこなうようにします。クレーム対応の窓口の連絡先があるでしょうから、そこに連絡をすると何らかの対応をしてくれますので、何かあったときに気軽に連絡をすればいいでしょう。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら