保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料診断に必要なものはある?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/06/17

保険の無料相談はニーズに合ったものを選び出して紹介してもらえるのが魅力です。その相談をしにいくときには何を持って行ったら良いのか、どんな情報を伝えられるようにしておいたら良いのかと悩む人もいるでしょう。出直しになってしまわないように準備しておくべきものが何かを把握しておきましょう。

どんなケースでも準備しておくべきもの

窓口で無料相談を受けに行くときにはどんな種類のものに申し込むときでも準備しておくべきものがあります。まず、今回の相談目的は見直しなのか新規申し込みなのかによって準備しなければならないかどうかが異なるのが保険証券です。

すでに加入しているものがあって、見直しをしてもっと安いものにしたい、現実的に含まれているべき内容を最低限満たしているものにしたい、加入者の変更をするに当たってよりお得なものを探したいなどといったケースはよくあります。

証券がなかったとしても相談することはできますが、内容を正確に把握していないと比較するのが困難です。どの会社の商品に加入しているかだけを覚えていても、契約内容によって支払いを受けられる条件や金額の上限、各種オプションサービスなどが異なっています。

その詳細がわからないと見直しをする方針を明確にできなくなってしまいがちです。対応としては新規契約と同じようになってしまうことになり、想定していたよりも良いサービスを受けられなかったという印象を持ってしまう傾向があります。

基本的には証券さえ準備しておけば、詳しい内容まで現状がどうなっているかを担当者が理解してくれます。その情報があるだけでスムーズに見直しを進められるので忘れずに持っていくようにしましょう。

ネット上で見られる場合には必ずしも印刷しなくても大丈夫ですが、契約内容がわかるページをすぐに表示できるようにしておくのが大切です。次に考えておくべきなのが契約するときに使うものを一通り用意しておくことです。

無料相談ではこれにしたいという商品を紹介してもらえたときには、すぐにその場で申し込み手続きを進めることができます。そのときに書類などが揃っていないとその場で申し込めないので、準備しておくに越したことはありません。

ただ、保険の種類によって用意しなければならないものが異なっています。ここではまずどんなケースでも準備しておかなければならないのが何かを確認しておきましょう。

まず、申し込みをするときには身分証明書の提示をすることになるため、運転免許証やマイナンバーカード、パスポートなどを用意しておくことが必須です。また、申し込み用紙に記入するときには最後に署名捺印を求められるのが普通なので印鑑を用意しましょう。

最近ではサインだけで済ませられることも多くなってきましたが、申し込む商品によっては印鑑が求められることもあるので持参しておくのが無難です。

一方、申し込むときには支払い方法についても決定することになります。口座振替を利用するなら通帳やキャッシュカードなどの口座番号がわかる書類を用意し、クレジットカードで支払いをするなら使用するクレジットカードを持参するのが大切です。

また、これだという商品が見つからなかったときにはその場では申し込みをせずに情報を持ち帰って検討をすることになります。紹介してもらった商品についてはパンフレットなどの資料をもらえますが、そこに記載されていない情報も口頭で聞くことになるでしょう。

そのメモを取るために手帳やメモ帳などを用意し、ボールペンや鉛筆などの筆記用具も準備しておくのが重要です。慣れている人であればスマホやタブレットでメモを取っても構いません。

保険の種類によって準備が必要になるもの

申し込みをする場合には保険の種類ごとに準備しなければならない書類があることも珍しくありません。種類も多岐にわたっているので代表的なものを知っておきましょう。

まず、生命保険や医療関係の商品については持病の有無によって加入できるかどうかが変わったり、費用が違ったりするのが普通です。その告知書が申し込みにときには必須ですが、事前に準備せずともその場で書くことができます。

ただ、その内容が正しいかどうかがわかる書類を提出するように求められることが多くなっています。よく提出されているのが過去二回分程度の定期健康診断や人間ドッグなどの結果が記載された書類です。

検査結果から確かに告知した内容が正しいかどうかが判断され、申し込みを受理するかが決められています。また、持病がある状況で契約をするときには申し込み条件を満たしていることを医師の診断書によって判断することも少なくありません。

ただ、診断書を提出しなければならないかどうかは契約先の会社や選んだ商品によって異なります。診断書を手に入れるには時間も費用もかかるので、契約するために準備しなければならないことが判明してから用意したほうが良いでしょう。

自動車保険についても申し込みのときに準備しておかなければならないものがあります。申し込み書類に記載すべき内容が通常は頭の中に入っているものではなく、書類を持っていないと書けない場合が多いからです。

車両型式、登録番号、運転免許証の色、事故歴を記入しなければならないのが一般的になっています。車検証などの関連書類を用意しておけばスムーズに記入できるでしょう。契約先によっては車検証などのコピーを提出しなければならないこともあるので原本を持っていくのが無難です。

これ以外の商品については大抵は追加で書類を用意せずとも手続きを進められるのが一般的です。商品によっては印鑑証明書などが求められる場合もありますが、提出しなければならないような場合にもすぐにその場で渡さなくても大丈夫な場合が多くなっています。

用意しておけば簡単なのは確かではあるものの、申し込み先の会社によって要不要が異なる場合もあるため、指示にしたがって用意するようにしたほうが無駄がありません。

用意しておくと便利なものもある

この他にも必ずしも持っていなくても大丈夫だけれど、持っていくと便利なものもあります。今までに自分で調べて興味を持っている商品があるならパンフレットなどを持っていきましょう。

無料相談のときにこの商品に興味を持っているという話をすると、その内容を詳しく説明したうえで関連商品についても紹介してもらえます。スムーズに打ち合わせを進めるには特に重要な書類になるので、自分なりの調査をした場合には忘れないようにしましょう。

また、大量のパンフレットやリーフレット、チラシなどを渡されることになるので、持ち帰るためのカバンがあるのも便利です。封筒に書類をまとめてくれることが多いですが、持ち運ぶのは大変になりがちなのでカバンを持っていくようにしましょう。

 

保険の無料相談を利用するときには、相談をスムーズに進められるようにすること、その場で契約をする場合が多いことを念頭に置いて必要なものを用意しておくのが大切です。

見直しの場合には保険証券を用意しておくと状況を把握してもらいやすく、自分で調査して興味を持った商品があるならそのパンフレットなどを用意しておくとすぐに候補を絞って紹介してもらえるでしょう。

申し込みに必要な本人確認書類なども準備していくことですぐに契約まで済ませることができます。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら