保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料相談のときに有った方がいい資料

公開日:2019/03/15  最終更新日:2019/02/18

生命保険などの無料相談ではその際に持参した方がいいものがいくつかあります。

その資料としては毎月の平均的な家計簿です。

収入と支出について明確に分かるものが望ましいです。

その他には加入をしている保険関係の資料も準備してあると、より分かりやすくなります。

その他にメモにするかどうかはケースバイケースですが、質問したいことなども整理しておくと良いです。

 

保険の無料相談で持参した方がいい保険証書類

質問者がどんなものに加入をしているのかが分からないと話が抽象的になりやすいです。

それではピンポイントで深く突っ込んだ話がしづらくなります。

そのため保険証書類などの持参は考えておいた方が良いです。

ただし、重要な書類ですからなくさないように準備を行います。

民間の保険に関しては、現時点で加入をしているものすべてを用意した方がよいです。

家族が個別に加入をしている場合で、その関係書類が膨大になるときには、加入している保険の種類とその商品名などをメモにしているものでもある程度はカバー出来ます。

重要な書類で持参がはばかられる場合にはそのコピーなどでまとめておくとよいです。

内容や毎月支払っている金額が見えるもの、及びその保障内容が明瞭にしてあると良いでしょう。

なるべく加入者と対象者が見える方がいいですが、そこまで難しい場合は家族構成などを明記したメモなどでも代用できることはあります。

複数の書類を見ていくことで分かる場合があるためです。

無料相談の主催者に持参した方がいいものを尋ねるのも有効です。

 

無料相談で持参した方がいいもので作成できるもの

毎月の収入と支出の大まかな数字が明確なものがあると話がスムーズになります。

また特に支出については不明瞭なものがあると、その中身の確認や聞き取りが発生することがあります。

その分だけ時間がかかりますので、なるべくなら先に整理をしておいて不明瞭なものの内容を明確にしておくとよいでしょう。

使途不明金のようなものはそれをはっきりさせるように言われることが多いです。

支出削減できるものかどうかの判断が重要になるので、判断ができかねるお金については知りうる範囲で確認を行っておきます。

家族のお小遣いなどであればその旨を記載、確認をしておけばいいですし、それ以外で明確には分からない場合であっても、たとえばたばこなどの嗜好品代などのようにわかれば差し支えは無くなります。

メモ書きなどで構わないので、平均的な収入と支出の明細は作成した方が無難です。

家計簿をつけている場合でも一覧表になっている方がピンポイントでの助言がしやすくなります。

家計簿を参考に作成しておくと良いです。

なお賞与などは年間でいくらなのかが分かれば構いません。

 

習い事などで支出が多い場合について

無料相談時に家計簿や収支の一覧表を持参した際に、その支出が問題になってきます。

特に必要不可欠なものかそこまで必要ではないのかについては、無料相談を受け付ける側も気になるところです。

子供が習いごとをしている支出などは、本当に必要かあるいは不要だったものかを確認されることもあるので、家族間で相談しておくこともよいでしょう。

支出面で必要となるもの、たとえば食費でも家族構成で適正な金額は変わります。

残業の多い少ないなどでも変わってくる物です。

あらかじめその食費の金額がなぜそれだけの支出金額になっているのか、説明ができるようにしておくことが重要です。

持参までする必要はありませんが、ある程度のおおざっぱな説明のためにメモとして持参をすることは有効と言えます。

雑費などでひとまとめにしてあるものについても、その内訳が知りたいと思うものです。

そこでムダだと思われるものであれば再考を促すような話になっていきます。

必要であってもなるべく削減できたらそれに越したことは無いと言えるもので、そうしたものの相談事も受け付けてもらえる場合があります。

 

自動車などの移動手段の確認について

特に地方在住の相談者の場合、自動車の保有が必須になっている場合が良くあるものです。

このとき自動車の所有と駐車場の確保なども削減の対象になるケースがあります。

その使用頻度によってはたとえばカーシェアリングなどで対応ができないか、そうした助言がされたりもします。

税金関係も整理が必要で、自動車税などのように毎年発生するものの金額の確認と管理は尋ねられたりしますので、あらかじめメモなどで整理しておきます。

普通自動車の場合は軽自動車への買い換えなどでコスト削減を促すこともよくあり、その際における利用状況などを記したメモや任意保険などで支出している保険料なども確認しておくと良いです。

自動車関係の場合は月額の収支の中に付記しておけば足りる場合が多く、あえて証券類まで持参する必要は無いです。

ただし車検時の支出額はメモなどでチェックしておくことが必要となります。

ある程度の支出が分かれば、突発的なもので毎月発生するものではないだけに、それほど細かく把握しておく必要は無いですが、年間の支出として考慮すべきものではあるので確認は必要です。

 

可能であればあったほうがいいもの

昔はともかく現在では年金保険への加入状況について分かるようになっています。

事前に日本年金機構に対してパスワードなどの発行を依頼し、その発行後に自分の加入中における年金の状況を一覧でチェックできるものです。

これも可能であれば加入関係をプリントアウトして持参しておくと、今後の老後への備えに必要なことへの助言が受けられる場合があります。

老後に強い不安がある場合、今までの年金加入状況を把握したい場合なども無料相談を機にチェックする意味はあります。

将来の65才以降にもらえるであろう年金額の多寡を知り、足りていないようであれば必要な手立てを考えるのに役立つものです。

老後までの時間があまりない場合でも、会社員及び公務員で対応ができる手立てはあります。

自営業などで国民年金だけでも付加保険料や国民年金基金の加入で増やす手立てはあるものですから、そのあたりへの相談もできるわけです。

加入の様子が分かるものがあると、そのあたりの相談がスムーズに行きますが、無ければおおよそで構わないのでメモしておくと説明がし易くなります。

 

収入面での今後の見通しについて

収入面で今後増加傾向にあるのかあるいは減少傾向にあるのか、また役職定年や出向などの可能性があるかなども整理しておくと説明がし易くなります。

さらにその際に収入の減少がいくらなのかおおよその数字が分かると話がよりスムーズにできます。

収入が減少傾向にある場合は、今のままの家計で大丈夫なのかというところに行き着きますので、FPとの無料相談もその点を中心に話がしやすくなるわけです。

将来への漠然とした不安だけがある状態よりは、はっきりと数字で見えた方が対策も立てられますし、また今後の支出面についても、無料相談がしやすいです。

公的年金や医療、介護への不安があるときにはあらかじめ対策を考えることのきっかけにもなります。

こうした関係の書類があることで無料相談であっても充実した内容が聞けます。

その他に必要なものとして、無料相談にて聞きたいことは何かという点と家計をスリム化する上で手がないかどうか、自分でもある程度確認をしておくことで、いきなり話を振られるよりは身近に考えやすいです。

すなわち自分なりの考えをしっかりと持っておくことも重要です。

 

FPなどの無料相談では、家計に関する書類や大まかな毎月の収支が分かる家計簿などの持参があった方が良いです。

民間の保険関係の書類や将来への不安がある場合には、公的年金の見込みなどが分かるものもあると良いでしょう。

写しなどで無くてもメモで事足りる場合が多いです。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ