保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料相談に行くまでの流れ

公開日:2019/10/15  最終更新日:2019/09/20

アクシデントにあったときの安心が欲しかったとしても、普段の生活も大切なので、無駄に高い費用のサービスを利用するのはおすすめしません。しかし、何が無駄なのか分からなかったのならば、保険の費用を節約することは難しいです。

こちらでは、相談窓口使うときに知っておかなければいけない流れを説明するので役立ててください。

まずは有料と無料を比べてみよう

相談窓口には有料と無料があって、どちらを利用したとしても、親切丁寧に相談に乗ってくれます。リスクなしで利用できる無料のほうがよいと考えて当然ですが、せっかくですから、有料のほうのサービスも確かめてみましょう。

有料にしかできないことをきちんと知っておけば、無料のほうで相談すべきことがハッキリと見えてきます。もしかすると無料と比べて有料の相談窓口を利用したほうがよさそうだと感じた方もいるかもしれません。

しかし有料サービスへ気持ちが傾いていたとしても、まずは無料で相談できる窓口を使ったほうがよいでしょう。無料のほうで得た知識を利用すれば、有料のほうでそれを活かせるため、よりスムーズに相談ができるようになります。

もちろん無料のサービスが気に入ったというのなら、そのまま相談を続けることを推奨します。有料でなくても、驚くほど多くの情報を提供してくれるので、無料でも満足する可能性は高いです。

ちなみに、無料だからといって、スタッフが提供してくれるサービスのクオリティが悪いわけではありません。詳しい知識を持ったスタッフが対応してくれるので、有料のほうと同じく、安心して保険の相談をおこなえます。無料といってもスタッフは無休で働いているわけではなく、きちんと給料を受け取って働いています。

提携している保険関連の会社があるので、そちらにお客を紹介することで報酬を受け取っています。つまり報酬がきちんと発生する仕事なので、決して手を抜かずに保険選びを手伝ってくれるのです。利用者のことをきちんと考えることが、契約の増加に繋がるので、親身になって相談に乗ってくれます。

なお、報酬の出所を考えると『特定の会社のサービスを無理にすすめられる』と考える方もいるでしょう。確かに一社としか提携していないのなら(あり得ないことですが)、そのような結果になるケースもあります。

しかし、たくさんの提携会社と契約をしている相談窓口がほとんどなので安心しましょう。数十社と提携している相談窓口なら、豊富な選択肢の中から、利用者にピッタリのところを見つけだしてくれます。もちろん相談したあとの、しつこい勧誘もないため、断るのが苦手な方でも無理に契約させられることはありません。

近隣にある相談窓口を見つけよう

相談をすると、さまざまな選択肢のなから、ピッタリなものを見つけだしてくれます。ただし、どの選択肢が最適なのかは、現在の情報やこれからのライフプランなどの情報を、すべて伝える必要があります。

そのためメールや電話など、間接的な連絡方法ではなく、直接会って話し合いをしなければいけません。やはりメールや電話では伝えられる情報は限られるので、最適なサービスを見つけてもらうのは難しいといえます。会って話さなければいけないということは、訪れられる範囲内に相談窓口がなければいけません。

自動車で一時間も二時間もかかるようなところでは、何度も通うのが難しくなってしまいます。最初の相談で契約をしてしまうのならよいですが、何度か通ってベストな保険を見つけたい方には向きません。

もしも、近場にある相談窓口を見つけたいなら、インターネットで地域名と『保険相談』というキーワードで探してみましょう。そうすれば、近隣の地域にある相談窓口のウェブサイトがヒットするので、チェックをしにいってみましょう。アクセス情報も記載されているため、通いやすいところにあるかどうか、簡単に判断できます。

ただ、近場にあったとしても、公共交通機関が用意されていない場合もあるので、自身の移動手段を考えたうえで、適切な相談窓口を見つけましょう。ちなみに、インターネット検索で、上位にくるところのほとんどは無料相談となっています。

ただし、有料かも知れない可能性は残っているため、ウェブサイトで料金についてもきちんと確かめて起きましょう。なお、相談窓口は独立した店舗ではなく、ショッピングセンターやスーパーマーケットのテナントとして入っているケースもあります。

そのため、住所だけが分かったとしても、建物内のどこにあるか分からない可能性もあるでしょう。もしも、建物のどこにあるか分からないのなら、入り口付近にある案内図を参考にするとよいです。テナントが入るような大きめのショッピングセンターやスーパーマーケットならば、案内図がまず間違いなく提示されているので、場所をすぐに確認できます。それでも分からなければ、サービスカウンターで尋ねればすぐに教えてくれます。

訪れるのなら電話での予約を忘れずに

相談窓口の場所が分かったのなら、あとは訪れるだけなのですが、できる限り予約をすることをおすすめします。平日の昼間ならば、予約を入れずとも、対応してくれる可能性もあるでしょう。

しかし、土日祝日となると、さまざまな方が無料相談を利用しにくるため、窓口をすぐに利用できないかもしれません。予約をしたほうがほぼ間違いなく優先になるので、あとからやってきたとしても、先にスタッフに対応されるという事態だってあり得ます。

そのような事態は電話一本で簡単に避けられるので、きちんと予約をすれば、時間を無駄にすることはありません。予約をするための電話番号は、利用予定の相談窓口が開設しているウェブサイトでチェックができます。全国展開しているようなサービスならば、店舗別で電話番号が用意されているので、しっかりと目を通して正しい電話番号を手に入れましょう。

なお、電話で予約をするのなら、そのときに相談に必要なものを教えてもらうとよいです。相談窓口に渡す情報が多ければ、それだけ適切な保険を選定してもらえる確率が高くなるので、教えられたものは忘れずに用意しましょう。

あとは実際に相談窓口を訪れて、予約をしていることを伝えれば、スタッフに完璧な対応をしてもらえます。これからの人生に必要な保険をしっかりと話し合って、加入すべきものや乗り換えるべきものを洗いだしてもらいましょう。

 

さまざまな保険の悩みを解決してくれるのが、全国のいろいろなところにある相談窓口です。もしも、疑問や不安に思うことがあるのなら、とりあえずでも相談窓口を訪れて、専門知識を持ったスタッフと話をしてみましょう。

知識がまったくない方でも分かるように教えてくれるため、自分の人生にとって、必要なものが分かるようになります。もしも、お得だと思える情報を提供してくれたのならば、サービスと契約することを考えればよいです。

相談窓口によっては、キッズコーナーが用意されているケースもあるので、大人だけではなくお子様も連れて、気軽に利用できるでしょう。相談窓口は意外なところで営業していることもあるため、気になるなら近場の店舗の検索をおすすめします。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ