保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料相談の注意点!取扱保険会社数が多いところを選ぶ

公開日:2019/04/15  最終更新日:2019/02/18

生命保険などで無料相談を受けたい場合には、開催しているところに注意をした方がいいことがあります。

取扱保険会社が多いところを選ぶことも重要です。

相談先によっては特定の保険会社ばかりで、しかも選択できる金融商品が限られる可能性があります。

しかしながら、取扱保険会社が多いところであれば、その選択肢が限られてしまう可能性を減らして、そしてより多く加入先の選択肢を増やす意味で、効果が期待出来るものです。

 

保険の無料相談が出来るところを探す意味

金融商品の一種である生命保険は、民間のものだと多くの種類が発売されています。

一般的に個人の加入希望者がその種類をすべて把握することは困難です。

これから自分や家族にとってフォローしてもらいたい部分に対応した保険商品がどれなのか、その保険商品を提供している会社がどこかを把握することが大切になってきます。

無料相談時においてその相談先が取り扱っていない場合には、紹介される可能性は低くなります。

選択肢が最初から限られてしまうことは避けるべきで、その意味においてなるべく多くの紹介が可能なところが望ましいと言えるわけです。

一般的には公的保険で足りない部分を補うものがメインとなり、その補うものも各社が色々なタイプを販売しています。

種類が豊富な分だけに決めるのに苦労が伴いますので、助言を的確に行える専門家の存在が必要となるものです。

その無料相談先がそのまま仲介となったりあるいは直接依頼をすることになる場合も多いだけに、最初の相談先を間違えると後で契約変更などが面倒になる場合があります。

 

生命保険における情報の多さが重要

民間の提供するものは、公的制度だけでは対応が仕切れない部分をフォローするためのもので、そのために加入するという考え方があります。

ただそのフォローをする部分について販売している各社は、色々な視点で開発して発売を行っており、特徴となる部分が微妙に異なっていたりします。

加入を希望する側の必要なものだけを販売しているものであればいいのですが、その選択肢を増やす意味でもより多くの保険会社による取扱をしているところが望ましいわけです。

無料相談時において保険商品の例示を行ってもらえる場合があり、そのときに取扱をしているものが少ない場合には、紹介をしてもらいようがありません。

新しいタイプの保険が発売されていても詳細まで把握が出来ているとは限らず、古い情報しか持っていない可能性も高まります。

多くの会社から発売されているものですから、よりたくさんの情報を有するところで話をしたり聞けた方がいいわけです。

情報の多さと必要で的確な助言が出来るかどうか、FPの質の問題にもなってきます。

 

公的制度との関係性も含めた対応

民間の保険は公的制度だけではまかなえない部分をフォローする意味合いが強いです。

そのため公的制度と重なる部分については、省略しても差し支えがないという考え方が出来ます。

医療や介護、年金といった部分については、公的制度だけである程度の対応が出来ることも多く、またそれで足りないときには貯蓄でフォローをすることも出来ますし、それでも不十分だとなると民間の保険に加入をするという流れとなるわけです。

公的制度への理解が無いとなかなかセットで、トータルとして考えていくことが出来ず、その結果として加入者が損をする可能性も出てきます。

無料相談時にはこの公的なものと民間でフォローをする部分とを総合的に判断し、かつ最適なものをチョイス出来るように導けるかどうかが重要です。

その意味において取扱保険会社が多ければ選択肢が増え、結果最適と思えるものを選ぶことがし易くなります。

特定の民間のものだけをごり押しするのでは無く、総合的に必要なものをチョイスしさらにその保険の特徴なども含めて説明などが出来る専門家からの助言が望ましいです。

 

公的制度の拡充と家計も含めた管理が出来るかどうか

かつて国保は、高額療養費の加入による周知があまりなされておらず、また制度そのものが知られていないこともありました。

そもそも制度そのものが存在していなかったときもあります。

医療費の負担が重くのしかかるような重大な疾病への対策を、公的制度では無く民間に頼らざるを得ない場合も少なくなかったわけです。

家計への負担軽減と重大な疾病への対応策として考えるときには、金銭面での負担をなるべく少なくする意味は大きなものです。

このとき各社から提供している保険商品について、取り扱っている会社そのものの数が少ないところに相談をしてしまうと、特定の限られたところしか紹介されないこともあり得ます。

相談者にとって加入の必要性があまりなさそうなものを勧められる可能性まであり、フォローできる範囲が限られているものを紹介されてしまうこともあり得ます。

取扱が多いところで相談できれば、その分だけ本当に必要なものだけを紹介されやすくなるので、最初の相談先を選ぶときにはこの視点での選択と細心の注意が求められます。

 

制度そのものが分からないときには先に概要だけでも把握すること

実際に利用をしてみないと公的制度は分かりづらいものです。

特に介護保険制度は制度発足から日にちが浅く制度改正も頻繁で、そもそも誰に相談をすればいいのか、また費用負担がどうなっているのかなども見えづらくなっています。

将来必要になるかもといって加入をしようとしても、制度そのものへの理解が無ければ民間会社が提供するものを鵜呑みにする可能性が出てしまいます。

無料相談時においても同様のことが言えるので、なるべく事前に制度そのものについて概要だけでも知っておくことが求められます。

その上で足りていない部分をフォローする商品はどれかと考えていくときに、相談先が扱うものが多いと選択肢が広がります。

専門家からのアドバイスもより実態に迫った内容になり得るため、話がスムーズになりやすいです。

制度の理解がある事により保険商品を選択しやすくなるので、加入を慌ててする前にまずは情報収集を行い制度の概要を知ることが先決となります。

相談先に話をするとき、制度についても確認しながら保険商品を多く知ることで、よりよいものを選びやすくなるものです。

 

取扱件数が多いことと経験の差が出ること

これまでに無料相談先が取り扱ってきた件数や対応してきた担当者が経験豊富な場合には、よりピンポイントで必要なものに対応したものを選択しやすくしてくれます。

加入を検討している人には担当者の質が重要になり得るわけです。

公的制度と足りていない部分のフォローを出来る商品を総合的に判断するとともに、家計にとって支払いが無理なく可能なものを紹介できるかどうかも腕の見せ所です。

いくらいい商品でも、その支払いが出来なかったりあるいは加入そのものが出来ないものばかりを紹介されても意味はありません。

その点で相談者の置かれている状況を把握し、かつ加入が必要と思われるもの及び保険料が適切なものかどうかの判断も非常に重要になります。

相談先となる専門家があまり知識や経験が乏しいと、相談者にとって不利益となりかねません。

対応が出来るものが多いところであればチョイスがし易い面もあって、相談件数も多くなり結果として経験も豊富になっている可能性があります。

最初に相談先として取り扱っているものが多いところを選ぶ意味は、この点にあります。

 

民間が提供するものはあくまで公的制度へのフォローとして考えることと、その上で足りない部分を補うことが出来るかどうかが重要です。

支払いが出来るものであることも重要になりますが、取扱が多い相談先でないとよりよい商品の紹介などが受けられる可能性は低くならざるを得ません。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ