保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料相談を受ける!生命保険の内容と特徴

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/03/19

日本は国民皆保険制度になっているので、病気やケガを負っても高額な費用を払うまでもなく一定以上の医療サービスを受けることが出来ます。

しかし亡くなってしまったときのリスクや公的保険では賄いきれないプラスアルファの安心を必要とするならば民間の保険会社が提供している生命保険に加入して、リスクに備える必要があります。

 

生命保険の基本形にはどのようなものがあるか

ひとくちに生命保険といっても非常に多彩な商品が販売されており、ある意味百花繚乱の様相を呈しています。

内容や特徴については各社の無料相談などを活用して実際にどこに加入するのかを確認することが必須です。

とはいっても基本的には「定期」「終身」「養老」の三種類が代表的なものです。

「定期」は保証期間が一定に限定されており、掛け金を毎月支払っても期間が満了すれば掛け金は帰ってきません。

そのため掛け金が割安になっています。

これに対して「終身」タイプでは保障が生涯続くので、何歳になっても給付金の支払を受けることが出来るので高い安心感を得ることが出来ます。

しかるに保障内容が手厚くなっている反面、掛け金は割高に設定されているのが一般的です。

「養老」タイプでは保障期間が設定されているものの、満期を迎えると変類金が戻ってくるので掛け捨てではなく、貯蓄の要素も色濃く備えているのが特徴です。

このように代表的なものにはそれぞれに特徴はあるものの、「保障期間内のみ保障が有効」と言う大原則では共通しています。

 

どのようなスタンスで商品を選ぶべきか

無料相談などで商品を選ぶ先にも是非抑えておいて欲しいのは、先ほど紹介した保障期間内のみ保障が有効と言う点です。

ここは誤解しやすい部分なので具体例を取り上げて、基礎的知識を身につけておきましょう。

たとえば「終身」タイプに加入しているとします。

終身と銘打っている以上、何歳になっても保障を受けることが出来る、と認識している人がいますが、これは多分に誤解を含んでいます。

例えば契約が60歳期間満了になっている場合には、厳密にいうと59歳最後の日までが保障期間でカバーされると言うことになります。

従ってこの事例では60歳を超えればその時点で一切の給付金を受けることが出来なくなる訳です。

これが「保障期間内のみ保障が有効」と言う言葉の意味になります。

そもそも生命保険の基本的な考え方は、何らかのライフイベントに備えてリスクヘッジのために加入するものです。

例えば家族の大黒柱が亡くなった際、今後の所得保障や葬儀費用、相続税対策などのために現金が必要です。

つまりあなたが備えるべきリスクを明らかにして、どれに加入するかを無料相談などを活用しながら決断することになる訳です。

 

掛け捨てになっている「定期保険」

それでは生命保険の種類ごとにそれぞれの特徴を御紹介しましょう。

定期タイプは満期が設定されており満期給付金がなく解約返戻金も一切ないというものです。

加入期間も短めで掛け金も割安になっています。

当初から掛け金を支払う期間が定まっており、支払っている期間中は契約内容に応じた給付を受けることが出来ます。

具体例でいえば10年間の期間の契約では、その間に生じた死亡や後遺症が残ったときに給付金を受け取ることが出来るという訳です。

短期間に留まるので子供が成長するまでの間のリスクに備えるなど、将来的には内容の見直しを視野にいれている方には適しているといえます。

期間満了後は自動更新になっているのが一般的で、特に異議をさしはさまないと10年間契約が延長するといったスタイルが通常です。

もちろん必要がなくなれば中途でストップすることも可能です。

掛け金は安いタイプでは700円程度からの種類もあるようで、死亡や所定以上の後遺症がのこった場合に300-600万円ほどが支払われるのが主流になっています。

 

保障が生涯にわたって続く「終身保険」

終身タイプは満期が設定されておらず、満期給付金などもない代わりに、解約変戻金が設定されていると言うものです。

定期型に比較すると加入期間が長期間にわたり、掛け金も高めになっています。

つまり死亡するまで保障が続き、解約すると一定額が戻ってくると言うわけです。

一定の期間は掛け金を支払い続けますが、支払いが終わると契約に従って保障が生涯続きます。

生涯保障を前提にしているので満期の概念がなく、満期になっても金銭が支払われることがありません。

具体的にいえば60歳まで掛け金を払う内容であれば、その年齢以降は支払う必要がなく保障を受けることが出来ます。

昨今では高齢化社会を反映して80歳以降もかけ金を払う必要のある商品も登場していますが、原則形態は所定の年齢まで掛け金を支払うと言うものになっています。

掛け金を支払い続けると解約返戻金も増えてくるので、その金額が増加するのを見越して加入する方もいらっしゃるようです。

より条件の良い保険があれば解返戻金を手にして他社に切り替えるといった利用法もあるようです。

 

とにかく貯蓄を残しておきたいときは「養老保険」

養老タイプでは満期が到来するまでの間に死亡または所定以上の後遺症が残ってしまったときに現金が支払われるというものです。

保障内容の割には掛け金が高く設定されており、その分解約返戻金が高めになっているのが特徴で、貯蓄と保障の両面に軸足をおいた保険と評価することが出来ます。

定期では掛け金が掛け捨てになっていましたが、こちらの養老タイプでは保障期間は同程度でありながらも、満期が到来すると給付金を受け取ることが出来るのがメリットと言えます。

他のタイプに比較すると貯蓄の側面が強くなっており、満期も50歳以降になっているので老後資金の需要が高いタイミングで給付金を手に入れることが出来る仕組みです。

ただし注意が必要なのは、途中解約すると解約返戻金は支払った掛け金を下回るのが通常なので注意が必要です。

もっとも最近では貯蓄性も備えた終身タイプの商品も登場しているので、本当に加入するのがお得なのかどうか、無料相談などの機会を利用して確認することが賢明です。

自分のニーズに最適のタイプを選ぶのが保険選びの鉄則と言えます。

 

公的保険ではカバーできない部分も対応する「医療保険」

生命保険では基本的なライフイベントに対応した主契約とそれぞれの個人的事情に応じて保障をプラスする特約から構成されています。

例えば特定の病気の際の保障を厚くしたりするのが、特約の中では代表的なものです。

最近では具体的にある病気や女性に多い病気などの保障に特化した商品も数多く見られるようになりました。

代表的なものには、がん保険や女性特有の疾病を厚く保障する女性保険などがあります。

これらの給付内容は、主契約に対する特約でもカバーできる場合もありますが、あくまで特約なので保障内容には物足りない場合もありえます。

こういった事態に備えて、特定の疾病などに特化した商品が登場してきたと言うわけです。

メリットには高度先進医療に属する最先端の治療費用を賄えることを挙げることが出来ます。

しかし保障内容には注意が必要で、がん保険の場合はがんや肉腫などの悪性新生物だけが補償対象になっており、心筋梗塞や脳卒中などのほかの生活習慣病などは原則としてカバーされていません。

いざと言うとき必要な保障を受けることが出来るように十分に検討する必要があります。

 

公的保険ではカバーできない部分を保障するのが生命保険になります。

主な種類は「定期」「終身」「養老」の三つのタイプになりますが、それぞれの給付の仕組みや掛け金の高さなどを無料相談などで確認しながら、自分にとって最適の保険を選ぶのが何より重要です。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ