保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

無料相談で自分に合っている保険なのか確認しよう

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/03/19

自分が加入している保険が本当に自分に合っているのか疑問に思っている方は多いでしょう。

合わない保障内容で契約すると肝心なときに保障を受けられませんし、不必要な支払いが発生してしまう可能性があります。

無料相談サービスを活用することで、現在の保証内容にムダがないかわかるはずです。

複数のサービスを比較することもできるので、自分に最適な商品が見つかるでしょう。

 

ムダのない保障プランを見つけていく

自分が選んだ保険が自分にとって最適とは限らないため、プロに相談してみることが必要になります。

FPが在籍する保険の無料相談サービスなら、中立的な立場からのアドバイスを受けることができます。

各種保障に無料サービスは存在せず、すべて保険料に反映されるのが現実です。

充実した保障が欲しいのは誰しも同じですが、支払いに無理が発生しては困ります。

一生涯にわたって保障を受けるためにも、確実に支払い続けることができる料金に収める必要があります。

人によってライフスタイルは大きく異なり、人生におけるリスクも違うのです。

例えば生涯において独身である人と、結婚して子どもが欲しいと考えている人ならば、必要となる費用がまったく変わってきます。

人生の一大イベントには必ず大きな出費を伴いますから、ライフプランを明確に設定しておく必要があります。

予期せぬ出来事の中にも、実際は予測できることはあるわけです。

人生においてネガティブなことばかり予測するのは得策ではありませんが、リスクを把握した上で対処するのは有意義なことです。

 

無理のない支払い額に抑えることが重要

無料相談を受けにこられる人は、就職や結婚などを機とすることが多いです。

ほかにも住居の購入や老後資金の確保など、お金に関する悩みを抱えている方が目立ちます。

現在の生活が厳しいので、収支のバランスを健全化するために保険の見直しをしたいという方も少なくありません。

保険は人生に安心を提供してくれる便利なサービスですが、支払い額が高額になりすぎて家計を圧迫するようでは困ります。

まずは家計のムダを見つけることから始めて、それから無理なく支払える範囲の保険を選んでいきましょう。

毎月の支払い額を考えるときは、ローン返済をイメージするとわかりやすいです。

ローンを計画的に返済するためにはシミュレーションをされるはずです。

どんなに最適な保障プランが存在しても、支払い額が高すぎて継続的に支払いできないと意味がありません。

充実した保障を追求するあまり、保険貧乏の状況に陥らないように注意してください。

収支のバランスは月によって変わりますが、注意したいのは収入が少ない月も支払いが発生することです。

将来の生活設計をすることは大切ですが、今の生活を充実させることも重要なのです。

 

保障内容がわからないときは質問をする

生活のリスクに備えるためには、どのような保障が必要か迷うことでしょう。

FPによる無料相談は、ライフスタイルや生活リスクに合わせた保障を提案してくれます。

プロの視点からのアドバイスを受けることで気づくことは多いはずです。

保障内容は特約と重複してしまうと困るので、ムダを取り除くためにもプロへの相談が効果的です。

FPは定期的に保険の見直しを勧めていますが、これは時期によって適切な保障内容が変わるためです。

現在はベストと言える保障であっても、5年後のことはわかりません。

5年後は別の保険に乗り換えしたほうがいいケースもあるでしょう。

FPは中立的立場から、加入者の利益を最重視して決めてくれます。

必要保障額を事前に設定していくこと、遺された家族にどの程度のお金が必要になるか、なども考慮してくれるのです。

自分で保障内容を決めるという方は多いですが、穴が生まれてしまうケースは多々あります。

ムダな特約に加入していたり、必要な保障が用意されていなかったりするケースがあるので、やはりプロの無料相談を受けるのが得策です。

 

加入時期が早いほど支払い額は少ない

保険商品は無数に種類があるため、何が自分と家族にとってベストなのか見極めるのが難しいです。

迷ったときは比較検討するのが好ましいですが、優先順位は決定しておくべきでしょう。

保障内容のほかにも毎月の支払い額、保障期間はよくチェックしておく必要があります。

肝心なときに保障を得られないほど困ることはありません。

保障内容を確認するときは、小文字で記載されている注意事項をよく確認してください。

保障のメリットだけでなく、リスクやデメリットについても知っておく必要があります。

保険の加入時期は早いほどお得になるのが普通であり、例えば40代から加入するより20代で加入したほうが支払い総額は少なくなります。

生活習慣病などのリスクが高くなる40代になってから加入したほうがお得と考える方は多いですが、実際はまったく逆の結果になるのです。

病気のリスクが低い20代から加入しておくことで、支払い額を抑えて家計の負担を軽減できます。

家計を考える上で大切なのは10年、20年先といった長期的に考えて生活設計をすることです。

 

気軽に利用できるのが無料相談の魅力

無料相談に行くと無理に勧められないか不安という方はいるでしょう。

原則として保険の無料相談では、自分に合っているか確かめるだけでも対応してくれます。

無理に勧められることはありませんし、おすすめプランを提案されても興味がなければ断ってよいです。

最終的に決定するのは自分ですから、自分が納得するかどうかがポイントです。

相談を受けるからには保障内容を最適化したいので、現在の加入状況を知らせるための契約書類は持参していきましょう。

保険証券や契約状況を証明する書類があれば、複数のサービスを比較するのに都合がよいです。

最適な保障内容は家族人数によって変わってくるので、家族が増えれば最適な保障は変わってきます。

保険会社を変更したほうがお得になる場合もあるので、FPによく相談して決めていきましょう。

保障の重複部分で損をしているケースは意外と多いので、損を洗い出すためにも無料相談は役立ちます。

保障内容を最適化することで、生涯における支払い総額に数百万円の差が生じるケースもあるのです。

家計の節約のためにも、保険の見直しは非常に効果的です。

 

保険の知識がなくても相談できるので便利

保険の知識がないので質問されても答えられないという方でも、FPの無料相談なら問題ありません。

専門用語などを使わずに詳しく教えてくれるので、勉強になったという方が多いです。

無料相談に備えて行っておきたいことは、ライフプランを明確にしておくことです。

例えば同じ年収500万円であっても、生活レベルの質によって必要なお金は変わってくるでしょう。

質素な生活をするのか、贅沢をしたいのか、などによって収支のバランスは大きく変わります。

保険とは万が一のリスクに備えるものですが、最低限の貯金は用意しておく必要があります。

貯金は年齢の20倍程度は用意したいと言われており、例えば一家の大黒柱の年齢が40歳ならば800万円程度は欲しいところです。

貯金をゼロにしてまで保障内容を充実させるのは得策ではありません。

FPとじっくりと話し合って、貯金と保険料にそれぞれいくら回すのか設定していきましょう。

FPを選ぶときは話しやすさや相性で選ぶのがおすすめです。

話しにくいと質問をしにくいため、十分に相談を詰めずに契約してしまう可能性があります。

 

生涯のリスクに備えるための保険選びは、お金の専門家であるFPに相談するのが得策です。

無料相談では見直しの提案、最適な商品の紹介などをしてくれます。

よりよい保障を選ぶためには、ライフプランを明確にしておくこと、無理のない支払い額を設定することが重要です。

保障内容に加えて特約も確認し、保障に重複がないようにしていきましょう。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ