保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

メールで保険の無料相談は可能?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/10/29


世の中にはいろいろな保険があって、加入しようにも迷ってしまいます。そのための情報やより適したものなどを紹介する無料相談を行うところがあります。メールでも対応が可能なところもあるので、探してみる価値が大きいです。公的保険制度と民間のものとの違いや、収入と支出のバランスからよりよいものを紹介できるものもあります。

公的な制度を知ることも大切です

保険というと民間のものばかりを想像しがちです。でも、公的なものがあって、それだけでは足りないなと思うときに民間にも加入をしていくのが賢い加入方法といえます。公的な制度を知っておけば、それだけでは足りないものをチョイスして加入すれば、万が一のときに充分対応ができるわけです。

公的制度の中では健康保険制度がよく知られていますが、その他にも年金や介護保険も含まれます。毎月支払わなければならないものなので、利用する方法などを知って上手に活用することも大切なことです。それだけでは足りなさそうだと思えば、民間の会社が提供しているものを確認し、加入を考えていきます。

迷ったときに専門家であるファイナンシャルプランナーなどに無料で相談ができるところも結構あるものですから、利用を考えてみることも大切です。ただ、ファイナンシャルプランナーの中には特定のサービスばかりを紹介することもあるので、公的制度にもある程度知っていてかつ足りない部分の紹介をうまくしてくれるところがよいでしょう。

公的制度だけでは足りないかどうかの判断

公的な制度だけでは足りないかどうかは、各個人ごと、また家庭ごとによって違います。なので、無料相談をうまく使って何が一番いいのかを探ることが大切です。その他に公的な制度も日々変わっていきますから、その新しい情報をインプットしていけるようなところが対応してくれると安心できます。

比較的新しいものである介護の制度も、急速な少子化と高齢化で保険料の増大や利用者負担の増大も増えていく一方です。家計に占める負担が大きくなるばかりですから、それも踏まえて判断をしていくことが肝心となっています。無料相談では、こうした視点も踏まえて考えてもらえるかどうかが重要です。

そのためにはある程度の情報提供が必須となるほか、健康状態についても知らせた方がいい場合があります。個人情報の扱いがぞんざいなところには話をしないことが肝要ではありますが、多少の情報は出さないとよりいい内容の話が聞けなくなるので、病名などは伏せつつ月々の医療費がいくら必ずかかるのかなど、わかりやすく伝えることで対応ができます。

収入と支出のバランスを考えたアドバイスかどうか

収入と支出のバランスを考えた上での対応をしてもらえるかどうか、気になるところです。家計のバランスがあってこその保険ですから、無理に入ることで家計が破綻してしまっては意味がありません。その視点でも話を聞いてくれて、無料相談にて対応ができるところはあります。

またこのご時世、収入が毎年上昇するのは公務員など限られた職種だけともいえますが、今後の収入の見通しなども考えて話をすると、将来の展望も踏まえた助言がもらえたりします。意味があるものかどうか及び支払いが可能かどうか適切な内容かどうかなどを無料相談にてメールでできれば、大いに役立つものです。

なお、最初はメールで無料相談が可能であっても次回以降は有料といったように、条件が変わる場合もあります。最初によく確認してから話をしてみることで、特定のサービスへの誘導や無用な出費を避けることにつながります。上手な利用でよりよい情報を入手し、今後の生活に役立てることが望ましいわけです。家計における無駄な出費の洗い出しにも役立ちます。

特定の医療関係だけの相談が可能かどうか

特定のサービスだけの相談にも、メールによる無料相談は役立ちます。ただし、すでに既往歴がある場合などは民間会社ごとで加入の条件が異なりますから、いいものであっても入ることができるかどうかはわからないケースがあります。そのため、漠然とした回答しか得られない可能性もあり、また加入ができる場合であっても割高になることもあり得ますので、注意が必要です。

無料相談ではどこまでの相談ができるのかなどを確認します。可能であれば、収入と支出のバランスから総合的な家計診断の中で必要なものを選んで入ることを考えた方がいいわけですが、特定のものに入りたいという熱い思いもあったりしますので、そのあたりの食い違いの可能性も踏まえた上でメールで相談を行うことは問題がありません。

なお、条件が厳しいものに無理に入ろうとすると、出費がかさんだりします。家計の破綻の危険性が増したりすることもあり得ますので、できれば特定のものだけではなく総合的な視点で、加入の判断に足り得るものを提供してもらうことが賢明です。

加入する目的が漠然としている場合

公的なものは強制的に加入し、かつ自治体などから保険料の支払いを求められますので、その制度の中で利用を考慮することがとても大事です。一方、民間のものでは強制加入ではなく任意ですから、公的なものだけでは足りないものを選んで加入をしていく流れとなります。

このとき、なぜそれに加入をしなければならないのか、みんなが入っているからであるとかなんとなく入っておいた方が安心できるといったことで、加入をしているケースが少なくありません。ただ、毎月の出費は思ったよりも大きくなりがちです。その意味でなぜその民間のものに入らなければならないのか、入る必要性があるのかなどは、想定する必要があります。

その必要性のぜひと、公的制度だけで足りる場合、とくに高額療養費制度の利用などは、知らないケースもあるのでまずは制度を知った上での民間の活用を考えることが、収支のバランスをとる上で重要となります。加入することでフォローされる部分を把握し、必要なものだけに絞り込んだ加入を考えることがとても大事です。

家族構成が変化したときなどの相談

家族構成が今後変わる可能性も踏まえた上での相談では、確実な話であればより具体的な無料相談の対応ができるわけですが、まだ未確定の場合にはなかなか突っ込んだ話にならないことも少なくありません。そのため、将来の可能性の高さなどにもメールで言及しながら、可能性の有無ということでと断りを入れて話を振ることも考慮すべきこととなります。

なお、収入を増やす部分にあっては、ある程度の目安が立ちます。収入と支出の予定及び公的制度の利用とくに年金は、自分である程度の見込みがわかる時代です。将来の家族構成の変化とそれにともなう支出の見込みなどを伝えることで、無料相談のメールでも回答がしやすくなります。

仮定の話ばかりになると、回答でも可能性として考えられるといった具合に、仮定が続くことになります。あくまで参考程度として聞くと割り切れる以外には、突っ込んだ話の対応が難しくなりますから、その点も踏まえてのやりとりとなる点に注意を要します。具体的な情報があればあるほど、具体的な回答が得られやすくなります。

 

保険の無料相談をメールにてやりとりすることが可能なところは、あります。個人情報にも配慮しつつ対応をしてもらえるものですが、特定の商品紹介に誘導されやすくもなります。また、収入と支出のバランスという視点で話をされるので、必要な情報提供は欠かせません。何が知りたいのかをはっきりさせた上で、具体的な情報を提供した上での回答を求めるのであれば、非常に有効な方法となります。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら詳細はこちら