保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

何回受けても大丈夫?保険の無料相談の回数制限

公開日:2019/07/15  最終更新日:2019/03/19

生命保険の加入には慎重にならなくてはいけなく、安易に入らないようにしたいことです。

ショッピングセンターにも無料相談の窓口がありますが、何回くらい相談ができるのか気になるところです。

また決定的なポイントを探して、自分に合った補償内容を契約するためには、ある程度の回数は話を聞いておきたいところになります。

 

人生の分岐点で保険相談を考える

一般的に紹介などで保険の外交員などと話す場合には、自宅に招いたりすることが多いです。

しかし自宅に知らない人を招くことに抵抗があるという人は、やはり店舗に出向いて話を聞いてみたり、相談をすることがいいと思います。

無料相談はショッピングセンターなどの大型施設や小さな店舗でもやっていますので、上手に利用することによって、知らなかった情報や理解を深めることができます。

ではどのようなタイミングで相談をすることが多いのかというと、若い独身のころよりも結婚をして家族ができたときや、子供が生まれた時などは見直しをしてみるベストなタイミングです。

人生の分岐点では自分で考えるよりも、プロに話してアドバイスを受けることがお勧めになります。

将来設計がある程度めぼしがついてきますし、家族の為に病気や怪我などの不慮の事故なども想定をして、準備しておくことが必要になります。

そして、家族がいる場合には必ず一緒になって話を聞いたり、相談や契約をすることです。

後々トラブルにならないようにするには、家族が同意することによって回避することができます。

 

切り替えなどで無駄なものを探す

無料相談にいく場合には、店舗によって大きな違いはありません。

そのためにお金がかからないからといって、どこでもいいと感じる人もいますが、それは間違いです。

保険の切り替えなども含めて大事なのは、自分の人生におけるライフプランにおいて、無駄なものがあるのかどうかになります。

これは独身の頃に契約していた内容と、家族ができたことによるプランでは大きな差が出てくるからです。

無駄な契約内容があったりすると、変更や解約なども必要になります。

このような無駄なものを無くすためには、相談員の質が高くなくてはいけません。

あまり知識が無かったり乏しかったりすると、適当なことは言われないにしても、自分のライフプランの見直しがやりにくくなることも少なくありません。

知っている相談員は、遺族年金や高額療養費制度など、公的保障の話をしてくれるので事前情報としてわかりやすく話してくれるのが特徴です。

ここをポイントとしてお店選びをすると、スムーズに話がしやすく、押し付けなども無いために選びやすいことがいえます。

 

自分も知識を持って無料相談を聞いてみる

相談を受ける際には注意点がいくつかあります。

そのひとつには、なんでもかんでも鵜呑みにしないことが挙げられます。

まず話というのはスムーズに話してくれるからといって、それが正しいとは限らないからです。

様々なルールがありますし制限などもあることから、何かあったときにはすべて保険で賄ってくれると勘違いする人もいます。

そういった勘違いを無くすためには、話を聞いて正しいかどうかを自分の価値観とあわせて考え直してみることです。

もちろんある程度は自分に知識が無いといけないですから、知識の勉強や友人から話を聞いておくと、よりわかりやすくなります。

また無料相談なので何度も足を運ぶというのも考えようですが、こちらも契約をしたいという前提の下に常識の範囲内で利用することです。

要するに自分で検証をしてみて、わからないところは何度か足を運んで聞いてみることで、ライフプランが固まってきます。

同じ人と何度も話すより、複数の相談員と話が出来ると、新しい考え方の幅が広がり決めやすくなることもあります。

 

何度も相談をして決めたいが平均はどのくらいか

そうはいっても何度も話を聞いて、自分の見聞を広めてからじっくりと決めたいという人もたくさんいます。

専門的な言葉もありますし、何よりも生涯の買い物として高くつくのが生命保険だからです。

無料相談にはひとりのお客様に対して、1回あたり60分から120分の時間をかけてやってくれます。

もっと短い人もいますが、おおよその平均としてこのくらいが妥当なところだといわれています。

なぜこのくらいの時間かというと、家族のことや自分のライフプランというのは、お金の話から入りますので、込み入ったことを聞かなくてはいけない場合もあるからです。

そうなると、最初はなかなか話すことができなかったお金のことも、段々と信用をして話せるようになります。

相談員を信頼してくれることによって、わかりやすい説明ができるようになるということです。

1回目はヒアリングになり、2回目は提案、3回目は検討という流れになることからも、最低でも3回は話をしていきます。

もちろんもう少し検討をしたい場合には、いろいろな新しいプランも紹介してくれます。

 

相談をするのに回数制限はあるのか

無料相談の回数に制限があるのか気になるところですが、基本的に回数が何回までと決まっているところはありません。

何度でも相談をすることができます。

知りたいことを情報として知り、また見直したいところを見直していくことで、回数というよりも納得のいく形で進めていけることがベストです。

何度も同じ人よりも、新しい相談員やファイナンシャルプランナーをお願いすることで、価値観を合わせることができるので、より多くの人と話してみたいという人もいます。

話しておきたいことでは、医療保険はじっくりと話を聞いて決めたいポイントです。

医療保険は自分の年齢や平均で病気にかかる割合などもありますし、それによってリスクを減らすプランを選ぶことになります。

家系によって病気にかかる状況も変わります。

父親がガン家系だったり、母親が脳梗塞などの家系だったりすることも考えられますので、未来を予測する意味でもリスクを減らすことを優先的にやっていくのが医療保険です。

自分にぴったりの商品を選ぶことが、家族を守る近道になります。

 

プランなど平均何回目で決まるのか

ヒアリングをしてから提案を受けて、そして契約をする流れになるまで平均で何回かかるのかというと3回くらいが多いです。

しかしあくまで平均ですから、詳しい人だとすぐに契約しますし、わからない人だと5回は話を聞かないといけないこともあります。

将来を考えた年金保険や子供の将来のための学資保険などもあるために、考え方をどこに重点を置くかで契約が変ってきます。

いうなれば金融商品ですから、自分に合ったプランは自分にしかできないことです。

他の人がこれに加入しているから、同じにしてくださいというものではなく、あくまでもオリジナルなプランを作成することが目的になります。

無理な勧誘を怖がる人もいますが、今ではコンプライアンスが厳しくなっている時代ですので、無理な提案や勧誘などをすることはなくなっています。

なので保険料を安くしたいとか、新しく付け加えたいというプラン内容がある場合には、わかりやすく早い段階で契約することが多いといえます。

自分が納得することこそ、ライフプランを作っていく秘訣です。

 

生命保険など話を聞くには無料相談の窓口があり、専門のファイナンシャルプランナーなどがいます。

自分に合ったプランを変更したり、探したりするにも何度か通うことになります。

平均時間は60分から120分は1回にかかり、通う回数も3回くらいが平均となっています。

 

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ