保険の見直しにおすすめの無料相談窓口を人気比較ランキングでご紹介!【口コミでも人気と評判のサービス!】

保険の無料相談を受けるのに最適な時期とは

公開日:2019/03/01  最終更新日:2019/03/19

金融商品としての生命保険は加入者やその家族構成、年齢などで加入をするべき最適な時期が変わります。

結婚し子供が出来た場合における学資保険などは、子供が出来てから考えればいいなどです。

無料相談においても、必要になるかなと思ったときに早めに相談をするのがポイントとなります。

今まで加入をしてきたものの見直しについても同様です。

 

公的制度だけで足りるかどうか不安になったとき

民間の生命保険は公的保険で足りない部分を補完するという役割を持ちます。

無料相談などをファイナンシャルプランナーなどがよく行っていますが、彼らへの相談で最適な時期は、そろそろ必要かなと思ったときです。

家族構成が変わったとき、例えば結婚による配偶者が出来たときや、子供が生まれるときなどは早めに相談をしておくことで、必要なものに早期に加入できます。

必要になってからでは遅い場合もあり、早期に相談をして置けばよかったと後悔する可能性もあるため、早めに行動をすることが肝要です。

必要だと思ったとき以外にも、公的制度では不十分だと感じたときなども見直しにタイミングと言えます。

今まで加入をしていたもので対応が出来るかどうか不安になったりしますが、そのときなども先延ばしせずに早めに話をしてみることで、不安が取り除ける場合も多いです。

近隣で無料相談会などの開催案内が発表されたりすることがあれば、そのときに足を運んでみることもいいタイミングになります。

時期を捕まえて早めに相談を行うことで、不安の払拭に繋がるものです。

 

無料相談では複数のFPに話を聞いてみること

FPのように専門家への無料相談会は比較的多く開催している地域もあります。

この場合などではなるべく多くのFPから話を聞くことで、不明瞭だったところがはっきりと分かるようになるものです。

また特定の金融商品を勧めてくる場合は注意が必要で、その他の選択肢を広く示してくれるところなどから話を聞くことも重要になります。

無料説明会では特定の金融商品ばかりを紹介するFPもいる可能性はあります。

そのため相談だけに留めておき、他のFPからも意見を聞いてみる機会が必要です。

そのときに気が付かなかったこともあったりするなど、いろいろな発見があり得ます。

一人だけにしか聞かなかったときよりも複数人に聞いた方がより理解が深まることもあり、損ではありません。

無料相談の場であればお金の心配はせずに必要な話をしっかりと聞けます。

FPも契約先などに特定の保険会社などが存在することもあって、色々な人がいますので複数の人から話を聞いた方が得策となるわけです。

無料の場では何を聞くのか事前に確認しておくとスムーズに話が進みます。

 

家族構成の変更時期による見直し

結婚や出産により家族構成が変更になることもあります。

反対に死別や離別などにより今までの保険では不要になる部分もあるものです。

このようなときには見直しを適宜行うことで、不要な保険料の支払いを避けられます。

見直しを行わなければそのまま無駄な保険料をずっと支払い続ける羽目に陥りますので、早めの見直しが欠かせないです。

家庭環境では貯蓄や家族構成によって人それぞれ必要とするものが違います。

自分たちにとって、あるいは家族にとって本当に必要なものが何かを見極めることが重要です。

その上で必要だと思うものの保険料と家計への負担のバランスがいいかどうか、問題が無いかどうかをチェックしてもらうことも欠かせません。

家族構成が変わると今までの家計の収支も変わります。

その点も踏まえた総合的な家計のバランスを助言してもらうことで、より安定的な家計管理に繋がっていきます。

無理な家計では破綻の危険性も大きくなるほか家庭の不和にも繋がりかねませんので、無理のない範囲で必要な保険を選んでいくことがとても大事です。

 

老後などの不安による見直しの時期

少子化と高齢化が急速に進む日本では、今後公的制度の縮小や廃止などが想定されるところです。

その補填として民間のものに加入をするという考え方も出来ます。

ただしすべての制度が廃止となると、その制度に頼ってきた国民が困ることとなり、通常ではあり得ないと言えます。

老後の問題ではよく年金制度が持たなくなるという説もありますが、全くなくなるとは考えにくく税金投入などで制度の維持はなされると考えられています。

それでも支給額などの縮小の可能性は大きく、結果として収入面は考えた方がいいと言えます。

民間が提供するものへの加入でその問題を取り除くことも重要になりますが、公的制度は税金投入などの可能性がある反面、民間の場合は提供をする民間企業が倒産などでなくなってしまうと、その後の不安は出てくるものです。

老後への対応という点では、収入や支出さらに家族構成によっても変わります。

総合的に勘案しながら家計を見直すことでその問題の払拭が欠かせません。

そろそろ老後を真剣に考えないといけないと思ったときに、早めに相談を行うことが大事です。

 

若い間でも無料相談を受ける意味はあります

若いときには公的制度だけでも足りる面があり、また公的保険で対応が出来る部分が少なくありません。

そのため民間の保険に加入をする意味は少ないです。

ただし将来への不安や家計の見直しなどを考える場合には専門家に相談を受ける意味はあります。

その時期ですが、不安になったときに早めに話をしてみることである程度の不安払拭に繋がります。

専門家であるファイナンシャルプランナーなどからは、家計の収入と支出のバランスへの助言も受けられますので、無料相談に行く意味は若い人でもあります。

将来を見据えての収支の見直しで、よりよい保険に加入をすることも選択肢に入る可能性は高いです。

公的保険制度でカバーできる面も大きく、それだけで足りると考えられる場合も多いです。

人それぞれ収支が違うように必要なものも違いますので、収支のバランスと見直しを専門家から聞く意味はある程度はあると言えます。

若いときから医療関係特に先進医療対応のものなどに加入する必要性がないという考え方もあるので、家計の収支も含めて専門家に相談をする価値は高い場合はあり得ます。

 

現役引退後の加入の是非と無料相談

現役でばりばりと仕事をしてきて今まで保険などをあまり考えていなかった場合、退職時期などに急に不安になる場合があります。

このときにはその不安がよぎったときが無料相談に行くタイミングです。

特に医療については、加入者の年齢で加入が出来たりあるいは過ぎてしまって出来ないことがあります。

70才が一つの節目になっているタイプが目立ちます。

年齢の関係で申し込みを断られてしまうと、困る可能性が高まります。

したがって退職時期に早めに無料相談を行うことで家計の見直しとセットで考えていきます。

退職後に再就職などをする場合でも、それまでと同様には働けなかったりしては収入の減少などが発生する可能性は大きいです。

今までのような支出では家計が持たない可能性があるため、退職から早めに無料相談を受けることで家計を維持できるようにします。

無料相談ではとりあえず定年退職した人からの相談も受けますし、これからの収支への不安なども相談に応じるケースは多いです。

早めに話を聞きに行くことで無駄を省いて、老後を安心して過ごせるようにします。

 

保険の無料相談は人生の節目の時がベストです。

ただしその節目が来ることが確実に分かっているときには、早期に相談を受けることが最善です。

また老後への不安などを感じたときなども無料相談を受けるいい機会となり、家計の無駄を省きたいときなどと合わせて相談を聞きに行く意味はあります。

サイト内検索
記事一覧

保険無料相談窓口おすすめ5選

商品画像
商品名保険ランドリー保険マンモス株式会社株式会社保険コネクトみんなの生命保険アドバイザー保険見直しラボ
特徴スタッフの対応力が高く、高いレベルでの相談が行える保険会社としては長い歴史を持ち、知名度も高いスタッフの質もHPのデザインもよく、利用しやすい生命保険分野を専門に扱っていることに強み全国各地域に拠点を持ち、対応のスピーディさに自信
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ